奪い愛、冬 キャスト 倉科カナや三浦翔平の他には?

suzukiosamu
ubaiai

 

2017年1月スタートのドラマ、奪い愛、冬。

 

どろどろの人間関係を描く

恋愛ドラマが1月スタート!

 

そんな奪い愛、冬の主演は、

カインとアベルでヒロイン役を担当した

倉科カナさんとなっています!

 

ほかにも、豪華なキャストが

多数登場する予定のこのドラマ。

 

 

いったい、どのようなキャストが登場するのか。

 

 

ここでは、奪い愛、冬の

キャストについて紹介します。

 

〈スポンサーリンク〉




 

キャストの前に奪い愛、冬のあらすじをチェックしよう

 

それでは、キャストをチェックしていく前に、奪い愛、冬のあらすじをみておきましょう。

 

奪い愛、冬の主演は、倉科カナさんです。

 

デザイン会社社員・池内光役を担当しています。

kurakakana

出典:http://ameblo.jp/kura-kana/

 

 

裕福ではない家庭に育ちましたが、

持ち前のガッツと頭脳で

仕事も優秀にこなし、

さらに、婚約者もいます。

 

しかし、突然昔死ぬくらい愛していた元彼が出現!

 

婚約者がいるにもかかわらず、

その心は妻のいる元彼へ。

 

そして、婚約者と元彼、光の関係はどうなるのか。。。

 

その婚約者を演じるのが三浦翔平さんで、

婚約者の奥川康太役で登場します。

 

miurasyouhei

出典:http://www.shoheimiura.com/

奥川はお金持ちのボンボンという設定。

優柔不断で、癒し系男子でもある康太。

 

自分のやりたいことをするために、

自分勝手な行動もしてしまうタイプの青年。

 

そんな強さは、光への愛にも

現れています。

 

しかし、光の心が離れるにつれて、

今までには存在しなかった、

もう一人の康太が目覚めることに。

 

嫉妬のあまり、嫌な自分に変貌をとげることに。

 

 

もと彼の妻も嫉妬をしつつ、

康太に思いを寄せている同僚

康太を溺愛する母親。。

 

いろんなところで火花を散らすことになるのです。

 

奪い愛、冬。

 

このタイトルの示す通り、まさに奪い愛。

 

ドロドロとした世界観を見せてくれそうですよね。

 

〈スポンサーリンク〉




 

「奪い愛、冬」のキャスト①:倉科カナ

池内 光(いけうち・ひかる)役 倉科カナ

倉科かな

出典:http://topicks.jp/5600

今回の主演は池内光役の倉科カナさん。

 

デザイン会社で働く女性を演じます。

 

正義漢の強い女性で、先を読みながら動いていく女性で、実家は小さな定食屋さんを営んでいます。

 

父が幼い時に病死して、母に育てられてきました。

 

そして、同じデザイン会社の同い年で後輩にあたる奥川康太にプロポーズされて、婚約をしています。

 

職場では、康太に厳しく接するようなシーンもありますが、プライベートは別の生活。

 

このように死んでもいいくらいに愛していた所に、突然、昔の彼氏が姿を現します。

 

なんとかして、自分の想いを抑えようとするものの、妻持ちの元彼への愛が再熱。

 

そして、再び彼を追い求めていく事になります。ここからドロドロとした恋愛ドラマへと発展していく模様ですよ。

 

 

倉科カナさんのプロフィールはこんなかんじ。

 

名前:倉科カナ(くらしなかな)

生年月日:1987年12月23日(28歳)

身長:158㎝

血液型:O型

職業:女優

事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

 

倉科カナさんは2016年秋の『カインとアベル』に山田涼介君のヒロインとして出演。

 

視聴率は、やや伸びませんでしたが、今回は恋愛ものということで、比較的多くの人がとっつきやすいのではないかと思われます。

 

 

奪い愛、冬のキャスト②:三浦翔平

奥川 康太(おくがわ・こうた)役 三浦翔平

miurasyouhei

出典:http://www.shoheimiura.com/

 

続いては、三浦翔平さん。

 

池内光の婚約者(28歳)という設定で今回はドラマに出演されます。

 

 

光と同じ会社に働いていて、同い年ですが、

後輩に当たります。

 

別の会社を経営している母に

溺愛で育てられた、所謂ボンボン。

 

優柔不断な優しい婚約者。

 

ときに、強い意志の強さが垣間見える場面も。

 

今もデザインをやってみたいという

衝動を抑えることが出来ず、

母親のコネで就職した会社を辞め、

自力で転職をしました。

 

光との結婚についても、母親の猛反対が

あったとしても、決して揺るぎません。

 

しかし、光の心は元彼に

吸い寄せられることになります。

 

光の心が離れるにつれて、

彼女への愛と嫉妬心。

 

そして、今までには見せたことのない一面を。。。

 

三浦翔平さんのプロフィールは以下の通りです。

 

 

  • 名前:三浦翔平(みうらしょうへい)
  • 生年月日:1988年6月3日(28歳)
  • 身長:181㎝
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優・ファッションモデル

 

ちなみに、三浦翔平さんと言えば、2016年夏の『好きな人がいること』で憧れの先輩役。

 

ただし、視聴率については、月⑨にしてはあまりよくなく、平均視聴率が8.92%でした。

 

恐らく奪い愛、冬では、ラブシーン、キスシーンも期待できそうです。

 

いったい、どうなるのか必見ですね。

 

奪い愛、冬のキャスト③:稲垣吾郎!?※予測情報

inagakigorou

出典:http://penn-nosuke.xsrv.jp

 

倉科カナが昔に惚れた

元彼役には、SMAPの稲垣吾郎さんが登場するというリーク情報が。

 

これはあくまで噂の話で、確証はありません。

 

もしも、稲垣さんの場合は、1月期の冬ドラマに、SMAPから三人、稲垣、木村拓哉さん、草彅剛さんの登場ということになりますよ。

 

元彼役は、三浦翔平よりも倉科が惹かれる人物なので、誰を選んでも良いという訳ではないと思います。

 

12月31日に解散する予定ですので、SMAPファンの方は、このドラマ、必見となりそうですよ。

 

ちなみに、稲垣吾郎さんのプロフィールはこんなかんじです。

 

  • 名前:稲垣吾郎(いながきごろう)
  • 生年月日:1973年12月8日(42歳)
  • 身長:176㎝
  • 血液型:O型
  • 職業:歌手・俳優
  • 事務所:ジャニーズ事務所

 

そのほかにも、元彼の妻役や奥川康太の母役も登場する予定ですが、誰になるのでしょうか?

 

やはり、稲垣吾郎さんが登場するとなると、その妻は、30代~40代くらいで大人びている人になるのではないかと思われます。

 

元彼の妻も嫉妬の炎を燃やしていくかもしれません。

 

この妻役も嫉妬心にさいなまれることになるようで、どんな女優さんでも、どのように演じられるのか、みてみたいものですよね。

 

 

篠原涼子さんや吉瀬美智子さん、深津絵里さん、石田ゆり子さんなど他にも候補はたくさんいますが、そのあたり、どうなるのか、判明次第追記しますね。

 

〈スポンサーリンク〉




 

キャストのほかに、奪い愛、冬の脚本は?

「奪い愛、冬」の脚本は放送作家でもある鈴木おさむさんがされるそうです。

suzukiosamu

出典:www.officiallyjd.com

 

2016年の春に放送された、主演の栗山千明さんらのドロドロの不倫劇が話題になった「不機嫌な果実」のスタッフらとタッグを組むようですよ。

 

ちなみに、主演の倉科カナさんは、以下のようにコメントしています。

 

「鈴木おさむさんの脚本がとにかく面白いんです。とても刺激的で、ちょっとドロドロしていて、スピード感があって……次の展開がどうなるか予測不可能!」

 

「私はラブストーリーの経験が少ないので、気恥ずかしさも感じている。“心の機微”を表現することが一番の挑戦になると思います。ラブシーンもありますけど、そこだけに力を入れるわけではなく(笑い)、鈴木おさむさんの世界観を壊さないように演じていきたい」

 

初共演の三浦翔平さんは、

 

「タイトルがまず衝撃的!」

 

「今回は“奪い愛”という言葉からも分かるように、激しい内容になりそうです」

 

とコメントしています。

 

ひょっとすると、三浦さんのイメージが変わる様な作品になる可能性もありそうですよね。

 

 

鈴木おさむさん

 

「皆さんの予想をいい意味で裏切り続ける、ハイスピード展開の愛を奪い合う激しい恋愛ドラマになると思います。奪い合う愛に正義なんかないかもしれませんが、その先に真実の愛が見えてくる……はず」

 

とコメントしています。

 

いったい、どのような展開にされるのか、このあたり必見ですよ。

 

 

キャストのほかに「奪い愛、冬」の見どころはどこになるの?

 

それでは、見どころについて。

 

今回のテーマは恋愛。

 

婚約者持ちの倉科が、妻持ちの元彼にアタックするところから、愛と嫉妬をめぐる嵐が巻き起ころうとしています。

 

 

 

そして、さまざまな登場人物が愛を手に入れようとする、まさに奪い愛の冬。

 

いったい、どんな展開でストーリーが作られるのか必見ですよ。

 

〈スポンサーリンク〉