高相祐一の実家はスキーショップジローと噂に?どんな会社経営を?

takasou
takasou

出典:http://life-watcher.com

ここでは、高相祐一さんの実家はスキーショップジローなのかについて紹介します。

 

〈スポンサーリンク〉




 

高相祐一の実家はスキーショップジローって本当か?

 

さて、酒井法子さん(44)の元夫の

高相祐一さん(47)が11月18日、

危険ドラッグ所持の疑いで

逮捕されてしまいましたよね。

 

そして、その逮捕の事件もあってか、

実家の父親が営むスキーショップ

ジローが今注目されています。

 

ここでは、そのスキーショップジローの

会社概要や経営状態を

独自の目線で行っていきたいと思います。

 

高相祐一の実家はスキーショップジロー!

 

今までの報道等によって、

高相祐一容疑者の

実家は、東京都港区青山の

スキーショップジローとわかっていまs。

 

なぜここと判明しているかというと、

父親でスキーショップジローの

オーナーである高相次郎さんが

何度かテレビの取材などにも応じていたことがあるからです。

 

スキーショップジローは、

東京都港区青山の一等地に

本店をかまえる会社です。

※スキーショップジロー

suki-syoppujiro

 

六本木ヒルズを少し北に進んだところにあります。

 

創業46年ですので、1970年に開業したお店。

 

今は、軽井沢にもう一店舗、

通販の楽天市場にも出店しています。

 

何を扱っているのかというと、

ヨーロッパのブランド品。

 

これらを選定して買い付けを

行っているのです。

 

今でいえば、いわゆるセレクトショップというもの。

 

 

海外では日本よりも流通における

小売業の地位の高さなどが

関係しているということもあり、

比較的にメーカーとも対等の立場で

取引することができるようです。

 

 

やはり、日本では大手のメーカーなどは、

小売業への流通や価格を

いろいろと規制されてしまいますからね。

 

 

しかし、海外の場合であれば、

小さな個人単位の販売店でも、

比較的簡単に取引でき、

独占して販売契約を結べます。

 

独禁法は関係ないという事ですよね。

 

 

恐らく、海外では、小売業のもっている

価値や重要性が全体的に

評価されているから

このようなことが可能になるのでしょう。

 

当時は、インターネットも

普及していませんでしたから、

英語を話せたり、

海外に人脈が昔からあったのかもしれません。

〈スポンサーリンク〉




 

スキーショップジローの会社概要や経営状態は?

takasou2

出典:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150128/Shueishapn_20150128_42569.html

 

それでは、この高相祐一さんの実家の

スキーショップジロー。

 

今経営はどうなっているのでしょうか?

 

先程も紹介したように、

スキーショップジローは現在では

軽井沢に一店舗と、

通販の楽天市場にも出店。

 

そして、少し前までは、

神戸にもお店を出していたと

噂されています。

 

 

しかし、今は既に閉店。

あまり上手くいかなかったのでしょうかね?

 

 

そこのブログを覗かせて頂いたら、

2009年で更新がとまっていたので、

閉店した可能性が高いです。

 

 

となると、残りは、青山と軽井沢

ということになりますよね。

 

 

こちらのお店では、どの程度の

売上や利益があるのでしょうか?

 

これに関しては、一概に言えないモノの、

月商で言えば、800万円~1500万円くらいの

可能性が高いです。

 

もちろん、季節によっても変動はあると思いますが。

 

 

なお、楽天とヤフーで取扱いしている

ネットショップ。

こちらに関しては、調べてみたところ、

大して、売上が上がっていませんでした。

 

ですので、あまり売り上げはよくないのではないかと

考えられます。

 

恐らく、両方合わせても、数百万円程度の

可能性が高そうです。

 

 

もっとも、ネットショップのメリットとしては、

家賃や人件費を抑えることが出来る

メリットがありますが、

最終的に、3000万円~4000万円くらいが

残るとよいほうではないでしょうか?

 

輸入で物販をするとなると、

アパレルの場合、利益率はよさそうですが、

関税や消費税など税金で、

かなり持っていかれますし、

アパレルとなると、

在庫が残ってしまったり、

そのほか、欠陥も全くないとは言えない商売。

 

そうはいっても、40年以上も続けていると、

一部の御客は熱烈な信者に

なってくれている可能性は高いですよね。

 

ですので、一定数のファンはいるかと思われます。

 

 

今後は高相祐一さんが

後継者になるのかは不明ですが、

近くにスキーショップジローの存在を

脅かす店が出現しない限り、

事業としては続けていけるような気もしますね。

 

以上、高相祐一の実家はスキーショップジローと噂に?どんな会社経営を?についてでした。

 

〈スポンサーリンク〉